こころとからだ工房 詠福堂
こころとからだ工房 詠福堂

鈴鹿8時間耐久レース

昨日、鈴鹿サーキットでオートバイのレース、

鈴鹿8時間耐久レースが開催された。

 

正式名称は・・・長いけど・・

「FIM世界耐久選手権シリーズ第3戦

コカ・コーラゼロ鈴鹿8時間耐久ロードレース

第39回大会」と云う。

 

8時間でより多く周回したチームが勝ち、と

云う何とも気の遠くなるようなレース。

フランス、ル・マンでは24時間耐久てのも

ありますけど(こちらは4輪)。

 

日曜日は仕事なのでテレビ(BS)で録画をして

おき、夜中に見てました。

 

懐かしい。

 

学生時代、東京からオートバイに乗って仲間と

観戦に行きました。暑くて、長くて、眠くて、

途中は「今、どこのチームがトップなのか?」

すら分からなくなるほど・・・。それでも

ゴールの19:30には大歓声と花火。走り切った

チームのヘッドライトがとても綺麗で感動的

だった。

 

そしてトヨペットに就職して3年目、25歳の夏、

1989年 鈴鹿8耐のヤマハセミワークスの

チームスタッフとして鈴鹿に行き、本番は

8時間わたってプラットフォームにてライダーに

ラップタイムやピットインの指示などを出す

サインボードの係をした。

 

観戦に行っていた時は長く長く感じた8時間が

スタッフとして参加していた時は、アッという

間に過ぎ去り心地良いも何もピットの片付けと

撤収、次のレースに向けてバタバタ。

花火を見る余裕も無かったような。。。

 

その年末、トヨペットを退職、正式にレーシング

マネージメント会社に転職し、1990年は

ヤマハセミワークスチームに伊藤園レーシング

でマネージャーをする事に。

 

全日本ロードレース国際A級250ccで2人の

ライダーを走らせるチームのお世話全般を。

思い出すと涙しか出てこない苦しい1年に。

もちろん、二度と出来ない良い経験だった。

 

夏になり、鈴鹿8耐を見る度に、一瞬であの

夏の日に飛んで、暑さ、匂い、汗、涙、感動

全てを昨日のように思い出す。

 

青春だったなぁ~(笑)