こころとからだ工房 詠福堂
こころとからだ工房 詠福堂

金沢百万石ロードレース

金沢は兼六園周辺で開催されるロードレース。

歴史ある大会で今回が39回目。結構マジな大会。

仮装やイヤホン装着での出走は禁止など。


37回大会も10kmで参加したが、今回も10km。


早朝からの大雨も2時間程で止み、スタートが

近づくにつれて青空も出て来た。


詠福堂ランニング倶楽部から7人がエントリー。

それぞれの自己ベストを目指し全力で走った。


僕は今年5月から走り過ぎ?体調不良からこの夏

思うように走り込めず9月の50kmウルトラも

32kmでリタイアしたり・・・。


しかし9月末からようやく走れる身体になり

遅まきながら走り込んでの大会参加に。


スタート直後から身体が軽い。行ける。

2kmまでは思ったよりペースが速く、少し

調整しながら3km通過したところで、同じような

ペースのランナーが追い越して行ったので真後ろに

ついて走る。程よい負荷が掛かり続けたが大丈夫。

6kmまでは緩いが長い登り坂。そしてこの日は

向かい風。人の後ろにばかり入り込んでいては

申し訳無いので5kmを超えた地点で前を行く

ランナーに声を掛け自分が前に。


「ずっと引いてくれてありがとう。今後は僕が

前に出るわ」と。


前半体力温存出来たお陰か5kmから8kmまで

大きくペースが落ちる事無く走ることが出来た。


ラスト2kmを切った頃、彼が再び追い抜いて

スパート。さすがにそれにはついて行けず。。。


しかし自分もラストまでペース落とさず100mは

全力疾走でのゴール。とても気持ち良い納得の

レース。しかし、ラストあれだけの全力で走れる

と云うことはまだまだ追い込めたのでは?と

課題が残るレースに。


ゴール後に先にゴールしていた今日のレースで

前後にお互い引っ張り合ったランナーが走って

来て「お陰様で良いレースが出来ました。とても

良いペースで後ろに入らせてもらって良かった

です。お声掛けてもらって助かりました。」と。


こちらこそ、前半引っ張ってもらって感謝。

その場で電話番号交換してお友達に。

良い出会いだったなー。


自己ベストには1分及ばずでしたが、まずまず。

これから秋のマラソンシーズンに向けて、今から

調整、仕上げ、そして本番(11月1日の富山)へ。


※帰りは東金沢 ラ・メールでオムライス。