こころとからだ工房 詠福堂
こころとからだ工房 詠福堂

「ゆっくり」がキーワード

自律神経は交感神経と副交感神経のバランスが大切。

シーソーのように「どちらかが優位だと一方が低い」

イメージで言われていたが、どうも違うようである。

 

双方ともに高い状態が良いらしい。どちらかが高く、

一方が低いのが良く無いらしい。特に交感神経だけが

高い状態の人が現代は多い、とか。

 

とりわけ副交感神経が下がっている状態を、少しでも

上げる努力、工夫はしないより、した方が良いようだ。

 

そのポイントが「笑顔」と「ゆっくり」。

口角をむりやり上げて「作り笑い」をするだけで

副交感神経が上がる事が医学界では証明されている。

もちろん本当の笑顔になれば、大笑いすれば、・・

実際に臨床現場で血液内、白血球成分検査でも明らかに

良い状態が出ているとの事。

 

難病が回復した、とか、体調が良くなった、など。

 

そして、生活面では「イライラ」「くよくよ」「短気」

などを落ち着かせるのも、やはり副交感神経優位。

それが「ゆっくり」とした行動、歩行、呼吸、など。

 

一度、試してみたら良いかも。ゆっくり行動する癖、

ゆっくりと呼吸をする癖を付けると、上記のような

状態になった時に自らを落ち着かせる事が出来るし、

何より自分が楽になる。

 

「イライラしないようにしなきゃ」とか「クヨクヨ

したらダメだ」「怒っちゃダメだ」って思っても

辛いし、イライラしちゃうし、怒っちゃう、って人

が多いのでは?

 

今日から、まず「口角を上げて」笑顔を作り、

「ゆっくり」をキーワードにアゲアゲで行きましょう♬